当クリニックでは、以下のような内容で痛み治療を行っています。

対象疾患の一例

慢性腰痛、急性腰痛(ぎっくり腰)、肩こり、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、仙腸関節症、頚椎症、頸肩腕症候群、偏頭痛・群発頭痛・緊張性頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、舌痛症(口腔内灼熱症候群)、肩関節周囲炎(五十肩)、胸郭出口症候群、変形性関節症、帯状疱疹関連痛、術後痛など。
書ききれない病名もありますので、ご自身の症状を一度ご相談ください。

治療法一覧

内服薬治療 院外処方のみ
注射での治療 透視下神経ブロック・・・X線で痛みの原因の場所を見ながら行う神経ブロック
超音波ガイド下神経ブロック・・・エコーで痛みの原因の場所を見ながら行う神経ブロック
トリガーポイント注射・・・押さえて痛みが強く出る場所に行う注射
その他・・・点滴注射、ボトックス注射など
理学療法 キセノン光線治療器、低出力レーザー治療器、SSP電気鍼治療器
その他の検査 血液検査、単純X線撮影、骨密度検査

また、難治性の腰痛・下肢痛に対して行われるエピドラスコピー(内視鏡により、痛みの原因の神経の癒着をはがしとる)による治療の適応があるかどうかを診断する造影検査も当クリニックで行い、適応のある方は京都府立医科大学附属病院へご紹介いたします。
その他の治療に関しても、京都府立医科大学疼痛緩和医療部との密な連携により、様々な痛みに対応できるようにしております。
細川豊史先生と
京都府立医科大学疼痛・緩和医療学教室前教授 細川豊史先生と。

院長からのメッセージ

ペインクリニックってなんですか?

痛みを我慢しないでください!