トリガーポイント注射

トリガーポイント注射とは?

「トリガーポイント」とは肩こりや腰痛で、押すと痛いと感じる部分をいいます。そこに局所麻酔薬を注射することで、血の巡りが悪くなって硬くなった筋肉をほぐし血流を良くすることで痛みの悪循環を絶つことができます。治療には保険が適用されます。

効果が期待できる症状

筋肉が痛みの原因である症状に効果があります。

治療の流れ(所要時間:およそ5〜10分)

準備

服は注射をするところだけめくっていただきます。(部位によりベッド上での体勢は異なります)

ブロック注射

消毒し、ブロック注射を行います。
1カ所10秒ほどで終了します。
細い針を使用するため個人差はありますが、注射時の痛みはそれほど強くありません。

休憩

特に休憩は必要ありませんが、初めての方や、注射箇所が多い方は少しベッドで休憩をしていただくことがあります。

注意点

  • 注射する部位・箇所、体位は症状によって異なります。
  • 血液サラサラのお薬(ワーファリン、バイアスピリンなど)を内服されている方にも行える治療法です。
  • 注射をする回数は症状によって異なります。

診療時間・休診日

9時〜13時
16時〜19時
土曜午後は14〜17時/特殊外来(完全予約制:新患受付はいたしません) 休診:水曜、日曜
お電話は上記◯の時間帯のみ受け付けております。
火曜日の担当医はお電話でお問い合わせください。

アクセスマップ