肩の痛み

考えられる疾患

肩の痛みをともなう疾患として、主に下記のような疾患が考えられます。

  • 頚椎症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 胸郭出口症候群

治療方法

注射で治療

痛みの原因となっている神経やその周りに、局所麻酔薬や少量のステロイド剤などを投与します。
痛みを感じる神経を一時的に麻痺させたり、神経そのものや周りの炎症を抑えることにより、血行がよくなったり自己治癒力を高めたり、あるいは発痛物質を除去することで痛みを抑えます。ブロック注射を打つ場所によって、幅広い痛みに対応します。慢性の痛みに対しても、脳への痛み刺激を一時的に遮断することにより、痛みの悪循環を断ち切り、徐々に痛みを緩和させる可能性があります。

星状神経節ブロック注射
硬膜外ブロック注射
神経根ブロック注射
トリガーポイント注射

お薬で治療

1回の注射の効果を延長させるためや、痛みが急に強くなった時の対策のために内服による治療も必要となる場合があります。

その他

理学療法機器による治療は、お薬や注射で十分な効果が得られない場合に併用することがあります。また他院からの内服薬の関係で注射のできない方、あるいは注射に対する恐怖心が治療の妨げとなると判断される方には、理学療法機器単独で治療を行います。
当院で行っていない治療法が必要と考える場合(高度先進医療、手術など)は他院への紹介をさせていただきます。

診療時間・休診日

9時〜13時
16時〜19時
土曜午後は14〜17時/特殊外来(完全予約制:新患受付はいたしません) 休診:水曜、日曜
お電話は上記◯の時間帯のみ受け付けております。
火曜日の担当医はお電話でお問い合わせください。

アクセスマップ